MENU

アタマジラミの特性と駆除

アタマジラミ0112

 

>>成虫・卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”の詳細

 

アタマジラミの痒さはアレルギー症状なので、はじめのうちは痒みが出ず、いくらか繁殖してからおかしいな、頭皮が痒いぞと気づくこともあると思います。

 

また、お子さんにアタマジラミがついている場合、やけに頭を掻きむしっているから見てみるとけっこうな量のシラミが…という場合もあって、ああなんで早くに気付いてあげられなかったんだろうと感じることも。

 

アタマジラミはとても小さな虫ですし、髪の毛の中では意外なほど早く動けるので、そもそも見つけにくいものです。

 

フケやヘアキャストと呼ばれるゴミと見間違われることも多いというアタマジラミですから念頭にない状態ではアタマジラミの寄生など思いもよらないことで、その状態では気付かないのも当たり前と言っても良いのではないでしょうか。

 

自分の頭はもちろんですが、お子さんの頭でさえ、相当幼い子でない限りまじまじと見る機会もないと思いますから、アタマジラミの発見が遅れるということはありえるのです。

 

頭に虫が住み着いていると分かれば、強い嫌悪感を抱き、一刻も早くアタマジラミの駆除を始めたいと思うはずです。

 

もしかしたら今これを読んでいるのは夜中で病院へ行くにも行けない時間、薬局へ走るにも走れない時間なのかもしれません。

 

イライラしながらどうすれば良いのかを検索しているのかも。

 

そんな方に向けて、今できるアタマジラミの駆除についての情報を共有したいと思います。

 

アタマジラミ01

 

オイル&ラップ→シャンプーでできる限りの駆除をスタート

残念ながらアタマジラミ専用の薬剤もない、専用コームもないとなれば、今すぐできることは限られてきます。

 

咄嗟に思いつくのはシャンプーだと思いますがその前に 椿油、オリーブオイルなど(頭髪に使って抵抗の少ないオイル)で頭髪をパックしてラップで密封し、成虫を呼吸しにくくするという方法を取れば、シャンプー時に洗い落とせる成虫の数が増える可能性があります。

 

もちろん完全駆除となると難しいのですが何もしないよりは良いですし、何より何かをした方が気持ちの面で落ち着くはずです。

 

ところが実際、このくらいが今すぐできることの限界ではないでしょうか。

 

シャンプーは泡で成虫を包み込んで弱らせるイメージで、すすぐまでに少し時間をかけ丁寧に行うと良いでしょう。

 

とは言え、普通のシャンプーに殺虫効果はなく、また泡で窒息するということもあまり期待できないため、あくまで気持ちの問題という部分が大きいです。

 

また、民間療法的な方法の中には薄めた酢を頭に浸しシラミを殺すとかドライヤーを使って熱で殺すという方法もあると思います。

 

しかし、これらの方法はそれほど大きな効果が期待できないばかりではなく、お酢のにおいがついてしまったり、ドライヤーの熱で頭皮や頭髪にダメージを与えてしまったりするので、強くおすすめすることはできません。
アタマジラミを駆除する上でベストな方法は、専用のコームで丁寧に駆除を進めていくこと、専用の薬剤で駆除を進めていくことです。

 

この二つが手に入らないうちは絶対的に効果がある方法を取るというのは難しいですから、よく髪を洗ったら、できるだけ早くそれらの製品を購入することをおすすめします。

 

アタマジラミ0115

 

>>成虫・卵を同時に駆除できるシラミン3点セットの詳細はこちら

 

シラミ取り専用コームを手に入れて

 

櫛の歯の間隔が非常に狭く、アタマジラミの卵から成虫までしっかり絡め捕ることができる専用のアイテムです。

 

歯の間隔が狭いので、やはりヘアーオイルやトリートメントなどで髪の毛の滑りを良くした状態で使います。

 

Amazonなどで購入できるニットフリーコームというステンレス製の櫛が丈夫で性能が良くもっともポピュラーではないでしょうか。

 

薬剤を手に入れなくて良いの?と思われるかもしれませんが、薬剤よりもコームを優先的に考えるべきだと思います。

 

薬剤は確かにアタマジラミ駆除に有効ですが、極端な話、根気強く駆除を行えばコームだけでも駆除を終えることは可能です。

 

薬剤を使用する場合でもコームを使って弱ったり死んだりした成虫や卵を取り除くことになりますから、やはり優先すべきはコームです。

 

明日になれば薬局に行けるんだけど…という場合でも、先ほどご紹介したニットフリーコームのようなステンレス製の優秀なコームは売っていない可能性も考えられます。

 

今のうちにネット通販を利用して注文しておくのが良いでしょう。

 

薬局で手に入れられるシラミ駆除剤はスミスリンが一般的で、このシャンプータイプの製品にはやはり櫛が付属していますが、プラスチック製であまり優秀とは言えません。

 

いずれにせよコームはポピュラーなものを買っておく方が無難だと思います。

 

アタマジラミ03

 

まず何より早く手に入れて欲しいのは、専用のコームです。

 

病院に行かなくても大丈夫?

 

病院へ行ってもスミスリンでの駆除を指示されるだけなので、必ず病院へ行かなければならないということはありません。

 

皮膚症状が強く不安だという場合は見てもらった方が良いかもしれませんが、シラミを発見して気持ち悪い、なんとかしたいという状況では自分で駆除に移ってしまった方が早いはず。

 

購入することになるのはスミスリンというシラミ駆除剤です。

 

シャンプータイプとパウダータイプがあるのですが、使用時にはスミスリンの特徴を踏まえておく必要があります。

 

まずこれは簡単に言えば殺虫剤だということ。

 

殺虫剤成分を含んだシャンプーであり、基本的に無害で安全なものですが、皮膚の弱い方であれば多少警戒して使った方が良いかもしれません。

 

また、スミスリンはアタマジラミの卵を駆除する効果が乏しいので、2週間の間に成虫を駆除→卵の孵化を待つ→成虫の駆除というサイクルを繰り返す必要があります。

 

アタマジラミの駆除は根気がいるものですが、確実に駆除するためにはコツコツと行う必要があります。

 

アタマジラミ04

 

洗濯や掃除も念入りに

頭に付いたアタマジラミの駆除だけでは完全ではありません。

 

アタマジラミは接触によって感染する吸血昆虫で、人間の頭髪に住み着くことを生きていますが、寝具や衣類などに落ちている可能性があり、それらを介して感染が広がることがあります。

 

アタマジラミの発見に遅れてしまったのであれば、普段使っている寝具や衣類、タオル類、またお子さんであればぬいぐるみなどにアタマジラミがついている可能性が高いです。

 

熱いお湯に浸せるものであれば、55度~60度以上の温度で5分~10分程度浸してから洗濯。

 

部屋の中は普通の掃除機をかけましょう。
アタマジラミ05

 

アタマジラミは人間に寄生しなければ2・3日で死んでしまうので、洗えないものであれば密封して1週間ほど放置するという処理を行うと良いでしょう。

 

頭に付いたシラミだけでなく、家の中に落ちた可能性のあるシラミの駆除まで進めなければ、また感染しなおしてしまうということになることもあります。

 

アタマジラミの駆除期間は少々神経質になってしまうかもしれませんが、直接頭髪同士が触れあって感染する場合と同じように簡単に感染するということはありませんので、出来る限りの対処をするようにしましょう。

 

アメリカ製のシラミ駆除剤も要検討

アタマジラミの駆除を短期間で行いたいのであれば、薬剤を使用するのがやはり早いです。

 

根気よく行えばコームだけでも駆除を終えることは可能ですが、やはり手間がかかりますから短時間で終わらせたいのであれば薬剤の使用がおすすめ。

 

もっとも一般的な方法は、ドラッグストアなどで購入できるシラミ駆除剤であるスミスリンを利用することです。

 

用法に従って使えば、2週間ほどで駆除を終えることができるでしょう。

 

ただし、まだ選ぶ余地があるのなら、スミスリン以外の製品もチェックしておくことをおすすめします。

 

ここでご紹介したいのは、アメリカ製のシラミ駆除剤であるシラミンローション。

 

また補助的に利用することでシラミを遠ざけられる可能性があるシラミンシャンプーとコームがセットになった3点セットがネット通販で購入することができます。

 

アタマジラミ06

 

>>アタマジラミ駆除3点セットの詳細はこちら

 

アタマジラミを発見したときには時間が経っていたらしく随分繁殖していたというのであれば、家族内で他にも感染している人がいてもおかしくないと思います。

 

ついでだからとスミスリンを予備的に複数購入しようとする方もいると思いますが、家族に感染が広がっている場合のことを考えるのであれば、シラミンローションの検討もおすすめします。

 

シラミンローションは天然の原料のみを使ったシラミ駆除剤で、独自開発によるナトリウム成分によりシラミの成虫から卵まで窒息と脱水の作用により駆除を行います。

 

アタマジラミ07
アタマジラミ08

 

また、シラミンシャンプーにも天然の原料が使用されており、天然の殺虫成分であるペパーミントオイル、シラミに対する忌避効果を持つというニームオイルが配合されています。

 

家族で利用することによって長引きがちなシラミ駆除が楽になる可能性があります。

 

スミスリンには予防効果は期待できませんし、卵を殺せないという弱点があるので、家族内で感染が広がったときにかなりの時間がかかってしまいます。

 

アタマジラミ09

 

しぶといシラミが相手ですから、シラミンローションでも約2週間の駆除が目安とされていますし、一回の駆除につき20分ローションを頭につけたままにしなければならないという面倒臭さはありますが、卵まで殺せるという点で安心感が強い製品です。

 

アタマジラミ10

 

また、身体に優しい天然成分を利用しているので、発見が遅れたことによって傷ついてしまったかもしれない頭皮にも比較的安心して使える製品でもあります。

 

アメリカの製品で、手元に届くまでに5日から7日ほどかかってしまうという弱点がシラミンローションにはありますが、アタマジラミに対する高い駆除効果を見ると、検討してみる価値のある製品だと思います。

 

アタマジラミ11
アタマジラミ12

 

>>成虫・卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”はこちら

更新履歴